広島のジョリーパスタで食べた和風パスタがうますぎた

広島ドームの近くにあるジョリーパスタに行ってきましたー。

ピリ辛肉味噌の冷製カッペリーニという限定メニューも美味しそうでしたが、私はスモークサーモンといくらの明太子クリームをオーダー。

連れは「ホタテとパンチェッタのバター醤油」という和風パスタを頼んでいました。

これすごい美味しいんだよと絶賛していましたが、美味しいっていってもジョリーパスタでしょ?ファミレスだよ?とか思ってましたよ、この時は…。

しかし、久しぶりにきてみるとメニューもかなり豊富になってるんですね。

お酒を飲むようになってからきたのは初めてなので、白ワインを合わせてみたり。

ちょっと早すぎてパスタの前に出てきたりw

仕方ないので飲んでいたら、出てきました。

大盛りなのですごいボリュームですw(゚ロ゚)w

(ちなみに白ワインは2杯目ですw)

まぁまぁ美味しかったんですが、サーモンがおもったよりヒットしなかったかな?

冷製カッペーリーニにすればよかったorz

ちなみに、「ホタテとパンチェッタのバター醤油和風パスタ」はこちら。

これ、味見させてもらったんですが、まじでめっちゃうまかったですw

和風だしが絶妙に効いてて、私もこれを頼めばよかったと後悔しましたw

連れは家で再現したいレベルと言っていたので、同じ人いるんじゃないかと思って少し調べてみたら…いました。

ジョリーパスタのHPに載っているメニューを見て材料を予測している人ですが、メニューでわかるってすごくないですかね( ゚д゚)ポカーン

ちなみに、そのメニューはこちら。

ジョリパは最近まったく行ってないので、イメージですが、
まずはパンチェッタ(イタリアの塩漬け豚:手に入らなければ
厚切りベーコンなどで代用)、を表面がかりかりになるまで
弱火で炒めます。
そこにホタテを加え(貝柱そのまま)両面さっと火を通して、
さらに細かく刻んだホタテを加えて、白ワイン20cc程度を
加えてアルコールを飛ばす。
そこに茹で上がったパスタとゆで汁30cc程度加えて、
ソース濃度と鍋肌から醤油10cc程度を加えて塩分調節
をします。
仕上げにバター20g程度を加えて混ぜ合わせて完成です。
組み合わせ的に、アスパラやインゲンや絹さやなど緑系の
野菜をパスタと一緒にボイルして加えたりしたら、より美味
しそうな気がします。

たぶん、醤油と言っても醤油味にしてしまう感覚ではなく、
醤油とバター風味程度で、パンチェッタと塩分とホタテの
風味を活かすような作りをしたら、洒落たひと皿になるかと
思います。

<追記>
ちょっと気になって、ジョリパのHPで写真を見てきました(笑)
これパンチェッタってネーミングですけど、見る限り生ハム的な
感じですね。↑に書いたレシピだと肉類の油で魚介系をソテー
するような感じで違和感を覚えていたので、やはりそうか!
って感じでした。
レシピの変更点としては、パンチェッタの部分を省き、
ホタテをバターでソテーするところからからスタートで
大丈夫でしょう。
そして生ハムをトッピングするような感じで、仕上げにわけぎと
刻み海苔ですね。
ソテーと仕上げにバターが入るので、ソテーは少量のサラダ油
でもいいかもしれません。
味の決め手はホタテの旨みをソースにどれだけ反映させて、
最後の追いバターの風味をくどくなく活かすところだと思います。
美味しくできること祈っております。

すげぇ( ゚д゚)ポカーン

パンチェッタというより生ハムらしいです。

他の店舗で味が変わる可能性もあるので、広島ドームの近くのジョリーパスタでぜひ。

▼ジョリーパスタ段原店アクセス情報

▼施設情報(執筆当時)
〒:732-0814
住所:広島県広島市南区段原南1丁目1−1
電話:082-261-3380
営業時間:11時~0時
定休日:不明

他の店舗でも美味しいんとは思うので今度機会があれば福岡のジョリーパスタに行ってみようと思います。

と思ったら私が住んでいるところから一番近い大橋店も割と遠かったのでしばらく先になりそうです(´・ω・`)

▼ジョリーパスタ大橋店アクセス情報

レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする