スポンサーリンク

windowsであればF7、F8、F9、F10といったファンクションキーで半角、全角の切替が出来ますが、Macのファンクションキーには音量設定やミュート機能がデフォルトで割り当てられています。

「fn」キーを押したままF7、F8、F9、F10を押すことでWindowsと同じような動作をすることができるのですが、面倒なのである設定をしておきます。

ファンクションキー2

それが、上記の「F1、F2などのキーを標準のファンクションキーとして使用」にチェックを入れることです。 

「システム環境設定」→「キーボード」と進むと設定箇所が出てきます。

これは割と一般的なんですが、今回OSをHighSierraにアップデートしたことでなぜかF10キーが効かなくなるという事態に。

もちろん、「F1、F2などのキーを標準のファンクションキーとして使用」にはチェック済みです。

調べてみると原因がわかりました。

ファンクションキー1

上記画像のとおり、すでにF9やF10に他の動作が割り当てられていたからなんですね。

「MissionControl」と「アプリケーションウィンドウ」のチェックを外すと問題なくF10で半角英数字に変更することができました。

ちなみに、この設定も「システム環境設定」→「キーボード」と進んで、タブを「ショートカット」のところに合わせると項目が出てきます(・∀・)b

 

スポンサーリンク