スポンサーリンク

くろあわわ11
>>くろあわわ初回限定50%OFF<<

人気洗顔料の「どろあわわ」に新ラインナップが追加されました。

名前は「くろあわわ」です。どろあわわと1文字違い。
パッケージも真っ黒で、中の洗顔料も炭が入っていてグレーっぽい色です。

無鉱物油、石油系界面活性剤不使用とお肌に優しそう。

くろあわわの特徴や、どろあわわとくろあわわの違いなどをまとめてみました。

使ってみた感想などは下の方にあります。

 

くろあわわとは

くろあわわは、どろあわわシリーズの最新作なんですが、どろあわわシリーズは、

・泥洗顔部門5年連続売上No.1
・累計出荷数1050万個

と、かなり人気の高い泥洗顔です。

そのどろあわわシリーズから、パワーアップした「くろあわわ」発売ということで使ってみたんですが、

「どろあわわ」と「くろあわわ」は何が違うの?

ということで価格や成分などを比較してみました。

 

どろあわわとくろあわわの違い

まずは、「くろあわわ」と「どろあわわ」の成分的な違いから。

どろあわわには、

水、ベントナイト、グリセリン、ミリスチン酸、ステアリン酸、BG、酸化チタン、水酸化K、ラウリン酸、ステアリン酸PEG-150、黒砂糖エキス、ステアリン酸グリセリル(SE)、コカミドプロピルベタイン、サクシニルアテロコラーゲン、海シルト、豆乳発酵液、ヒアルロン酸Na、ココイルメチルタウリンNa、ステアリン酸グリコール、エタノール、EDTA-2Na、メチルパラベン、プロピルパラベン

といった成分が入っていますが、くろあわわにも同じ成分がすべて入っています。

くろあわわ15

どろあわわでも重要な成分だった泥成分「マリンシルト」「ベントナイト」も配合。

それに加えて新しく、

・やし殻活性炭
・天然泥炭(ピート)
・マンナン粒

という3つの成分が追加されています。

やし殻活性炭は吸着力に優れた炭、天然泥炭(ピート)はアミノ酸、ビタミン・ミネラル豊富で汚れ吸収&美肌ケア効果があります。

ピートはエステでも使われたりする成分なんだとか。

マンナン粒は洗浄補助成分で、水を含んで膨らむ性質があるので角質を取り除いてゴワつき・カサつきを取る効果が期待できます。

ちなみに、「炭で汚れが落ちるの?」と思ったので調べてみたら、炭って表面に小さな穴がたくさん空いていて、この穴に皮脂・角質の吸着効果があるそうです。

遠赤外線効果もあって、お肌のくすみケアの効果も期待できるので、お肌のケアにはうってつけの成分みたいですね。

次に、くろあわわとどろあわわの初回お試しセットの金額ですが、

くろあわわ → 税抜き1490円
どろあわわ → 税抜き980円

とくろあわわの方が500円高いです。

内容も、くろあわわは「つや肌とろり液」という美容液とセットなのに対して、どろあわわには「薬用 和漢ミネラル水」と「どろクレンジングジェル」もセットになっています。

これだけ見ると、値段も安いしセット内容も充実しているどろあわわに軍配が上がりそうですが…

どろあわわは最低4回の継続が必要です。

効果がわからないから試してみたい時に定期コースの縛りは結構痛いですよね。

その点、後からもう少し説明しますが「くろあわわ」はフリーコースであれば縛りがないので合わないなと思ったら、すぐに解約することが可能です。

そういう意味では、くろあわわの方が配合されている成分も多く、試しやすいんじゃないでしょうか。

 

スポンサーリンク

くろあわわはなぜいいの?

くろあわわ10

洗顔をする目的は、ニキビの元になる汚れを除去してキレイにすることですが、そもそも美肌を遠阪けるのは「汗の汚れ」「余分な皮脂」「古い角質」と言われています。

この3つが残っていると化粧水などが肌の奥に浸透していかないのです。

この汚れを取るために洗顔をするわけですが、洗顔で大事なのはこすらないこと

こすってしまうと肌が傷ついたり、肌に摩擦が加わることでシミやたるみの原因になってしまいます。

肌をこすらずに洗顔をするためには泡のきめ細やかさや密度が重要になってくるんですが、くろあわわは非常に濃密な泡ができるのでおすすめです。

くろあわわ14

こんな感じの泡で、含まれる2種類の炭成分が汚れをしっかり吸着して毛穴から取り除いてくれます。

くろあわわ16

こちらは、前作のどろあわわの洗顔の仕組みですが、大体こんなイメージです。

洗顔で肌をキレイにする時に1番大事なのは「泡の濃密さ」ですが、くろあわわは実際に泡立ててみるとわかりますが、市販の洗顔に比べてかなり密度が高いです。

初回お試しであれば、ナント半額で購入できるのでぜひ1度試してみてください。

 

くろあわわ定期コースは単品よりお得?

くろあわわを購入するなら、間違いなく定期コースの方がおすすめ。

単品でも2980円で購入は可能ですが、定期コースだとそこからさらに割引されます。

ここで心配になるのが継続回数の縛りだと思いますが、くろあわわの定期コースには、

・2回目以降5%オフでいつでもやめれるフリー定期コース
・6回以上継続が必要だけど15%オフになるお得定期コース

の2種類があります。

フリーコースであれば、割引率は下がってしまいますが、最悪、1回の購入のみでも解約することができるので、少なくともくろあわわを単品で買うよりはお得です。

くろあわわ13

さらに、今なら初回特典で

・薬用 ツヤ肌とろり液
・専用泡たてネット

が付属しているので、試すなら絶対に単品より定期コースだと思います。

この専用泡たてネットはどういう仕組みなのかわからないですが、市販の泡たてネットよりも泡たてがしやすかったのでおすすめです。

くろあわわ定期コース解約方法

くろあわわの定期コースを解約したい場合は、購入後に届くメールに書かれているカスタマーサポートに電話をして解約したい旨を伝えれば解約できます。

1点だけ注意点として、解約の際は次回発送の10日前までに解約希望の連絡をしないといけません。

解約するつもりが電話をし忘れて継続してしまったなんてことがないように注意してください。

くろあわわ レビュー

くろあわわ2

ここからくろあわわを使ってみたレビューです。

こちらがくろあわわの商品セット。

くろあわわ本体に加えて、いろんな冊子も入っていました。
主に使い方とかそういう冊子です。

くろあわわ3

上記がくろあわわと美容液、泡たてネットです。

この泡たてネットは見た目が100均にありそうなやつだったので(失礼w)、所詮おまけ程度だよな〜とこの時点ではナメてましたが、実際に使ってみると泡が立ちやすくて使いやすかったです。

くろあわわ4

くろあわわはパッケージも真っ黒。

中身もグレーで「炭」感がたっぷりです。

くろあわわ6

こちらが「つや肌とろり液」という美容液です。

美容液の方は正直、今まで使っていた美容液との違いはそこまでわかりませんでした。

このサイズだと違いを実感するにはちょっと少ないんでしょうね。

くろあわわ12

くろあわわの使用手順は簡単です。

泡たてネットの中の空洞部分にくろあわわを出して普通に泡立てれば濃密な泡ができあがります。

説明書には2〜3cmくらい出すと書いていましたが、私は1cm程度で十分だったので2ヶ月〜3ヶ月くらい持つと思います。(説明書通りの量で1ヶ月分だと思うので)

こういう場合は、電話すれば届くペースを変更もできるみたいなので、2ヶ月に1回とかにしておけばかかる費用も半額なのでおすすめです。

個人的には洗顔した後のさっぱり感が少し弱かったので、しっかり泡を流さないといけないなと感じました。

その時にゴシゴシしてしまうと本末転倒なので注意ですね。

ドラッグストアの激安洗顔料に比べると高いかもしれませんが、ちょっと良い洗顔を使っている場合はそんなに気にならない程度ですし、初回お試しは安いので、ぜひ1度試してみてはどうでしょうか?